淡路島は案外広いですが、効率よく回ってたくさん楽しみたい という方に、オススメの回り方をどうぞ!!

タイムスケジュールを載せているので、旅行プランニングに役立つかも。

[ad#ad]

1泊2日での回り方です。

淡路島公園(ニジゲンノモリ)とうず潮を楽しむ

イングランドの丘など南あわじエリアを楽しむ

洲本と淡路市南部など淡路島中部エリアを楽しむ

 

淡路島公園とうず潮を楽しむ

神戸・大阪・名古屋・岡山方面から来て、帰る場合の回り方です。四国方面からくる方は、1日目と2日目を入れ替えて回るとよいでしょう。

1日目

9時 淡路サービスエリアに到着

世界一のつり橋 明石海峡大橋が見える展望台(無料)を楽しみながら休憩

9時25分ごろ サービスエリア出発

10時15分ごろ うずしおクルーズ船の乗船場へ到着

※9時30分、10時10分、50分、11時30分、12時10分発などがあります。

(始発 8時50分、最終便 16時10分)

うず潮が見れる時間が毎日異なるため、出航する時間帯と欠航する時間帯があります。

必ずうず潮クルーズ 公式ホームページで確認してから行きましょう。

また出航30分前までに乗船手続きをしないと乗船できない場合があるようです。

11時50分 クルーズ終了

12時10分 道の駅うずしお到着

淡路島の海鮮グルメのランチなど美味しい料理が安く食べられます。

また鳴門海峡大橋を途中まで歩くことができるので、違った角度からうず潮を楽しめます。

お土産ショップも多いので、淡路島お土産をここで買うと効率がよいでしょう。

うず潮のタイミングが合わないときは、クルーズ船は乗らずに、道の駅だけでも雰囲気は楽しめますよ。

また時間に余裕があれば、車で5分ほどの場所にある 渦潮記念館という科学館へ寄ってもいいですね。(雨天時もオススメ)

13時30分 道の駅出発

12月下旬から2月なら昼から水仙郷へ行くのがおすすめ(車で40分)

大塚国際美術館(車で15分)もオススメ

鳴門海峡大橋を渡って四国側にあります。

世界の名画と同じサイズのレプリカが1000点以上集まっており、海外の美術館へ行かないと見られない作品を日本に居ながらにして楽しむことができます。

14時 淡路島牧場 到着

乳しぼり体験や、乗馬、チーズ作り体験が楽しめます。

16時 淡路島牧場 出発

16時20分 慶野松原 到着

3kmに渡って数万本の松林が続く穏やかな海の海水浴場です。

1月~3月と9月~12月は16時~17時台に日の入りになり、海の向こうに沈む美しい夕日を見ることができます。

洲本または南あわじのホテルに宿泊(いずれも車で20~30分)

 

2日目

10時 ホテルチェックアウト

10時45分ごろ 淡路島公園の駐車場(ニジゲンノモリ)到着

(10時開園)

※洲本から40分、南あわじから50分

クレヨンしんちゃんパークや、奇跡の星 植物園。淡路島公園の花々を楽しむ

18時ごろ ニジゲンノモリ ナイトウォーク火の鳥

※日没後に始まるアトラクションのため、季節により開始時間が17時から19時まで変動します。

20時ごろ 松帆の湯

明石海峡大橋のライトアップを眺めながら露天風呂の温泉に浸かることができます。

[ad#ad]

イングランドの丘など南あわじエリアを楽しむ

1日目

10時ごろ イングランドの丘到着

コアラやヒツジを見たり、ウサギ・ワラビーと触れ合ったり、

ゴーカートや面白自転車、ボートなど幼稚園から小学生まで楽しめるアトラクションもいっぱいありますよ。

17時までに おのころ島神社(イングランドの丘から車で10分)

日本三大鳥居と言われる超巨大な赤い鳥居がある、日本誕生の地として有名な神社です。

淡路島の人気パワースポットなので、寄って行くといいでしょう。

 

洲本または南あわじのホテルに宿泊(いずれも車で20~30分)

 

 

翌日 大塚国際美術館やうず潮クルーズ船、うず潮展望台へ行くなら、鳴門海峡大橋が目の前にある鳴門海月というホテル旅館がおすすめです。
2日目

南あわじ市や周辺の観光スポットを楽しみましょう

いずれのスポットも20~40分で移動できますよ。

うず潮クルーズ船(所要時間 乗船前30分+乗船60分)

日によって、出航時間が異なるので、船に乗る時間を午前か午後を決めて、

違う時間帯でもう一か所行くとよいでしょう。

大原国際美術館

淡路ふれあい公園

慶野松原海水浴場(夏は海水浴が楽しめます)

モンキーセンター(洲本・南淡路市から車で40分)

300頭の野生の猿が集まる。志村動物園で嵐の相葉雅紀さんと、Hey!Say!JUMPの伊野尾くんが取材に来たことも

 

洲本と淡路市南部など淡路島中部エリアを楽しむ

淡路島の真ん中のエリアを楽しむ回り方です。

関空から高速艇で淡路島へ行くと洲本に到着します。

1日目

9時45分 シームーンリゾートに到着

パラセーリング、ジェットボード、バナナボート、トーイングチューブや

エアースライダーなどが楽しめるマリンレジャースポット。

パラセーリングやジェットボードは事前予約が優先されるので、公式ホームページから予約しましょう。

※営業期間 ゴールデンウイークから10月末まで

12時 シーアイガ海月 バーベキュー

浜焼きのバーベキューが楽しめます。

VIPテーブルプランなら、混雑も気にならずに楽しめるかも。

シームーンリゾートと併設されていて、温泉もあるので海で遊んだ後温泉に入りたい人にもオススメ

14時 洲本城

たくさん食べた後は、少し散歩。高台になっているので洲本の絶景が見られますよ

 

15時 レトロこみち

洲本に30店舗以上の、レトロな雰囲気が味わえる古民家ショップがオープン。

ゆったり観光。ゆったりデートにオススメのスポットです。

淡路島お土産にもオススメの可愛いアクセサリーや小物が見つかるかも。

洲本に宿泊

 

2日目

10時30分ごろ 伊弉諾神宮

洲本から約30分。日本最古の神社と言われている淡路島のパワースポットです。

夫婦にご利益があるご神木もありますし、歴女にもオススメのスポットです。

11時30分ごろ たこせんべいの里

伊弉諾神宮から車で6~8分。たこせんべいの工場にお土産ショップが併設されています。

試食コーナーがものすごく多いため、試食だけでかなりお腹が膨れるかも。

(40種類ほど試食できるとか)

大量のお菓子をお土産で配りたい方にオススメです。

13時ごろ パルシェ香りの館

たこせんべいの里から車で10分。

ハーブ農園に、ハーブのお土産ショップや体験施設が併設されています。

またハーブを使った日帰り温泉に入ることもできますよ。

おいしい淡路島の料理も楽しめます。

17時ごろ 出発

 

18時ごろ ニジゲンノモリ ナイトウォーク火の鳥

または 淡路サービスエリアで、明石海峡大橋のライトアップを楽しみながら晩御飯