異人館 ハンター邸は、現在 王子動物園の中にあります。

4月1日~5月31日、10月1日~10月31日の期間限定公開の異人館です。

ちょうど桜のシーズンにオープンしているので

上のような桜とハンター邸の写真が撮れました。

 

正面玄関付近から見上げると、3階の塔屋も見えます。

ここから入場していきます。

入場はスリッパを履いて入れ替わりで入っていくので

館内は空いていました。

 

2階のベランダの外には王子動物園の桜が咲いている様子が

よく見えます。 

 

ベランダの正面からは庭と王子動物園の観覧車が見えます。

 

 2階の居間です。

とても広い部屋には暖炉があります。

 

1階の食堂です。

アップで撮影していますが実際の広さは

20畳以上はあるとんでもない広さの部屋です。

1階は263m2だそうで、3部屋とベランダしかなく

ベランダを除くと一番広い部屋が食堂だと言うと

その広さが分かるかと思います。

 

ハンター邸とは

ハンター住宅は国の重要文化財になっていて

明治22年に建てられた時は、現在の北野異人館のあるあたりにありました。

それを昭和38年に王子動物園のある今の場所に移築したそうです。

建物を作ったのはドイツ人のグレッピーさんで

のちにハンターさんが購入して、今の形に改築したそうです。

 

ハンターさん(本名 エドワード・ハズレット・ハンター氏)は

イギリス人だそうです。

3階まで合わせた建物としては546m2という

とても広大な建物です。

(3階は塔だけなので、9m2しかありません)

 

ハンター邸 営業時間

王子動物園と同じ。

入場無料

ただし、1年間で3か月間しか一般公開されていません。

 

北野異人館

 

王子動物園