萌黄の館

萌黄の館

 

西部開拓時代のアメリカを彷彿させるライトグリーンの館

 

北野の異人館を代表する洋館「風見鶏の館」と、

入場券がセット販売されていることもあって、

多くの観光客が訪れる「萌黄の館」。

 

2階建の木造建築のこの建物は、

名前の通り、外壁は春に芽吹く草のような淡いグリーン色。

 

どちらかというと重厚感のある風見鶏の館と比べ、

デザインが軽やかで可愛らしいコロニアル様式の館です。

 

ここは1903年、アメリカ合衆国の総領事として

当地に赴任したハンター・シャープ氏の邸宅として建築されました。

 

1980年代までは「白い異人館」と呼ばれ、

外壁が白く塗られていましたが、

修復時に建築当時の萌黄色に戻され、

結果、数ある異人館の中でも個性が際立った洋館になりました。

 

 

一面グリーンの外観に、

ぽっと映える赤レンガの煙突も特徴的。

この煙突は、阪神・淡路大震災の際に3本あったものが崩壊し、

現在も庭でそのままの姿で展示されています。

 

室内は、外観の爽やかさとは打って変わって、

重厚感のある装飾で施され、

赤い絨毯が敷かれた玄関、アラベスク模様の階段や、

凝ったデザインのタイルを貼ったマントルピースなど、

格調高い調度品が風格ある空間を作り出しています。

 

 そんな豪奢な室内を通り抜け、

1階、2階のベランダに足を運ぶと、

外壁同様、壁がライトグリーンに塗られた開放感ある空間に。

 

特に神戸港まで眺望が開ける2階のベランダは、

大きくとった張り出し窓から陽光がたっぷり注ぎ込み、

絶好の撮影ポイントです。

この張り出し窓は「ベイ・ウインドー」と呼ばれていて、

それぞれのデザインが異なる点にも注目です。

 green50おすすめ異人館