数ある異人館の中でも、

ランチ・カフェとしても人気の館が、

「プラトン装飾美術館(イタリア館)」です。

屋敷の南に広がる、プール付きのお庭を眺めながら、

テラスで食事やお茶ができるので、

デートにもオススメ。

[ad#ad]

 

テラスの利用のみなら、入場券も不要ですが、

「異人館の中で、1か所だけ選ぶなら、イタリア館を訪ねる」

という観光客も多く、邸内にも定評があるので、

せっかくなら、屋敷内も観賞を!

 

プラトン美術館の由来

このお屋敷は、大正時代初期に、

アボイ氏の邸宅として建てられました。

 

じつは、ここには、現在も住人がいらっしゃるという、

北野の異人館の中でも大変珍しい館です。

オーナーがここを住まいとしながら、

「プラトン装飾美術館」として一般開放しているのです。

 

[ad#ad]

プラトン美術館のおすすめポイント

 

外から見ると、シンプルで素朴な外観ですが、

一歩邸内に足を踏み入れると、

金色に眩しく輝く紋章風の装飾に目を奪われ、

風格ある彫刻が威容を放つ応接間、

 

輝く銀食器が壮観なキッチン、

贅の限りを尽くしたゴージャスなダイニングと、

見ごたえたっぷりの部屋が続きます。

 

ゴージャスな2階のお風呂

 

 

邸内にはイタリアを中心に、

ヨーロッパ各地からオーナーがオークションなどで集めた

価値のある家具・調度品で贅沢に装飾されています。

ルソー、ミレー、コロー、ロダンといった

名だたる画家・彫刻家の絵画や彫刻作品も、

1階から2階の寝室までふんだんに飾られています。

 

プラトン美術館 注目ポイント

 

ここでは、「ビクター・エモーヌ」という

19世紀の彫刻家に注目。

精緻な彫りが見事に施された、

アンティークならではの艶のある濃厚ブラウンの暖炉や家具は、

一見の価値ありです。

 

訪れた観光客を、屋敷の方が温かく出迎え、

ひとつひとつの調度品を丁寧に説明してくれるのも、

この館ならでは。

 

貴族の友人に招かれたような心地にさせてくれて、

他の異人館とはまた違った充実感が得られますよ。

 

異人館のおすすめ