20世紀初頭のパリ文化にひたる洋館長屋(フランス館)

美しい木造二階建ての「洋館長屋」は、

左右対称の2棟が中央でつながる、

洋館としては珍しい外観で、

日本の長屋に似ていることから、

こう呼ばれるようになりました。

また、現在、

邸内はフランスの調度品で統一されていていることから、

「フランス館」とも呼ばれています。

 

[ad#ad]

 

特に充実しているのは、

19世紀末から20世紀初頭に花開いた芸術運動

「アール・ヌーヴォー」のガラス工芸品。

エミール・ガレや、

オーギュストとアントナンのドーム兄弟など、

アール・ヌーヴォーの代表的なガラス工芸家の作品や、

「アール・デコ」の時代まで活躍したガラス工芸家、

ルネ・ラリックの作品などが飾られています。

アール・ヌーヴォーのガラス工芸は、

造形、装飾ともに豪華で、

その個性的な曲線美や模様には注目です。

 

壁には「エコール・ド・パリ(パリ派)」に名を連ねる、

マルク・シャガールや藤田嗣治の絵画が飾られています。

「エコール・ド・パリ(パリ派)」とは、

20世紀初頭にモンマルトルやモンパルナスで

活動していた画家たちのこと。

 

[ad#ad]

 

異人館 フランス館 みどころ

ほかにも、

モノグラムデザインが開発された当時のものと思われる

ルイ・ヴィトンのトランクや、

 

ナポレオン時代の燭台付きピアノなど、

貴重な家具・調度品が展示されています。

 

 

 

外国人が暮らした当時をしのばせる部屋、

天蓋付きベッドが可愛い子ども部屋など、

どの部屋も華美になりすぎず、

落ち着きある雰囲気にまとめられているので、

フランスの文化をしっかり肌で感じるために、

ひとつひとつ丁寧に観賞してはいかがでしょうか。

 

 

 

花弁状のソファで、この椅子の馬毛は最高級品で

300年もつと言われています。

 

 

フランス館 入場料金

550円

年中無休

異人館共通券の対象異人館

 

異人館のおすすめ