須磨海釣り公園

須磨の海釣り公園で親子釣り教室が開催されるとのことで
小学生の息子と行ってきました。

私は釣りはほとんど経験がなく、しかも10年以上ぶり。息子は初挑戦です。

魚釣り教室

神戸子供釣り教室

ある程度人数が集まったら順次説明をして、道具を渡すという流れになっていました。
始めに、釣り道具の使い方の説明があって
釣りざおに、簡単に仕掛けをつける方法を教えてくれました。

知らなかったら、針が散らばって結構手間取っていたかも。

そして、網のかごにエビをどのように入れると魚が釣れるのか
そして、サビキのやり方を説明してくれました。

10分ほどの簡単な説明で終わりです。


スポンサーリンク

貸し竿セット

貸し竿セット

その後は、釣りざおと、記念品?の魚の写真と名前が書かれた下敷き
仕掛け、エビの餌が配られました。

これだけ揃って入場料混み(4時間釣り料金込み)で1人1400円なので
大人分はかなりお得。子供でも割安です。
しかも昼食の50円割引券ももらえました。

 

須磨海釣り公園保冷箱

魚をたくさん釣って帰るつもりで、大きな発泡スチロールの保冷箱と氷を買ったので
930円ほどしましたが、それでも安いですね。

 

須磨海釣り公園売店

魚釣り教室のすぐ横にある売店で買えました。

他にはレストランのある建物にも売店があります。

神戸子供釣り場所
子供は柵が高めの安全な釣り場所(入口の方にある第3釣台)で釣りをしてくださいとのこと。

10時30分頃行くと、すでに多数の子連れファミリーや、どこかのキッズグループも来ていて、かなりひしめき合ってました。

1時間ほど釣りをしましたが、周りの人も ほとんど魚を釣れている様子がないので、
沖の方の釣場所へ。


スポンサーリンク

大人用釣台

神戸釣り台

こちらは柵がないので、海に落ちる危険がありますが
走ったりせず、投げ釣りをしなければ落ちることはないでしょう。

子供魚釣りライフジェケット

子供は、無料でライフジェケットが配られていて、装着しているので
万が一落ちても溺れる心配はありません。

むしろ大人が落ちる方がやばい。

朝釣られた魚?が海水で泳いでいました。
鯛などの魚がたくさんいました。
ただ、沖合な分、潮の流れが強い。
サビキのエビがすごい勢いで流されて行くのが見えました。

ということで潮の流れが収まるまでランチ。

須磨海釣り公園 ランチ

須磨海釣り公園売店

白い4階建てぐらいの建物に入ると
食堂と売店があります。

須磨海釣り公園 レストラン

食堂では、肉料理やラーメンなど数多くのメニューがあり
何回食べに来ても飽きないほど種類がありました。

須磨海釣り公園食事メニュー

ビール・酒のつまみ系や、中華丼、かつ丼、チャーハン、豚キムチラーメン、山菜うどん、からあげ

牛カルビ丼、親子丼、牛丼、たこ焼きなど、どれも安いですね。

チーズハンバーグ弁当
子供向けには、ハンバーグ弁当もあります。

ハンバーグ弁当

釣り具売店

須磨海釣り公園売店

釣りに必要な道具は、だいたい売ってそうです。
貸し竿もありますし、クーラーボックスの代わりになる発泡スチロールの入れ物もあります。

須磨海釣り公園魚道具店
値段も釣り針は300円から、サビキのかごは120円から売ってます。

サビキ釣り道具販売

 

子連れで準備・釣りに便利な道具

親子釣り教室は手ぶらでも釣りが体験できますが

あると便利なものをまとめました。

 

・防寒着

風が強くなる時はあると便利ですね。

・レジャーシート

足元が金網状になっていて、物が落ちてしまいます。

餌のスプーンや針、重りを落としている人がいました。家の鍵を落としたら最悪です。

・折り畳みイス

イスを持っていきましたが、小さな柵がある場所でサビキをすると

立っていないとよく見えないので、結局ほとんど立って釣りをしていました。

でも疲れた時には便利ですね。

・サングラス

昼間に釣りをするなら海が太陽の光に反射して眩しい時も。

 

釣果

須磨海釣り公園釣果 真鯛

10時過ぎから4時間(うち45分ほど食事)の結果は、

真鯛 1匹でした。

一度クロダイを水面まで引き上げることができましたが、惜しくも逃がしてしまいました。

息子は次こそはもっと釣りたい(というか息子はあたりもなし)と意気込んでました。

 

昼釣りは、周りの人もあまり釣れておらず難しそうでした。

やはり魚が朝食・夕食を食べる早朝や夕方の方が成果がありそうですね。

投げ釣り釣果 ヒラメ

投げ釣りをしていた人は、大きなヒラメが2匹釣れているのを見ましたし

写真の生けす?では、大きな鯛や魚が多く泳いでいました。