王子動物園 フラミンゴ

王子動物園 フラミンゴ

1月に王子動物園に行ってきました。

冬の王子動物園は初めてです。

気温は8度ほどでしたが晴れていて風もなかったので

厚着をしていれば、それほど寒くなく

動物を見て回ることができました。

 

動物園に入って思ったのが

入口にいるフラミンゴが臭くない。

とてもきれいなピンク色をしていて、フラミンゴの池も

きれいな気がします。

 

小学生の娘も、幼稚園の時から何回も来ていますが

すぐに、「臭くない」と言っていたので

子供ながらに、フラミンゴの臭さに参っていたのでしょう。

 

最近 運営者が変わったように 動物の魅せ方など新しい施設を作ったり

レストランもメニューなど、運営を改善していることで話題になっていますが

もしかしたら、フラミンゴもきれいに体を洗ったり掃除をしてあげている?

それとも冬だから?

 

とにかく気持ちよく動物園に入れました。

 

王子動物園 冬のイベント

 

白クマ

白くまは、冬季限定で 水のプールに餌を投げるのではなく

雪遊びというイベントになっていました。

 

1日一回限定のイベントなので

15分前から場所取りをして、待っていました。

 

白クマの餌

白クマの餌を隠す飼育員

 

時間近くになると なぜか白くまが帰っていきました。

代わりに飼育員が3人やってきて

雪山に 何か所か穴をあけて

肉やリンゴ・バナナを埋めて隠していました。

 

白クマ 雪あそび

餌を掘る白クマ

 

そして白くま 再び登場。

すぐに餌に飛びつくという 観客の期待とは違い

広い檻の中をぐるっと一周回って

そのあとは観客を見て回ってました。

餌があることに気が付いていないのでしょうか?

子供達が餌が雪山にあるよ

と一生懸命教えてあげてました。

しばらくして、雪山にかけていた人工雪の機械が止まると

ようやく雪山へ。

 

白クマ 餌を食べる

餌にかぶりつく白クマ

しっかりと餌がある場所だけを 大きな手で掘って

最後は口でがぶり。

雪山に登らずに、2本足で立ち上がるようにして

届く場所にある餌ばかり食べていました。

 

頂上に隠した肉を食べに雪山に登るところを見たかったのですが

とくにアナウンスをする人もおらず

いつまでやるのか のんびり白くまにみんな飽きてきて

観客も閑散としてきて、子供も飽きたので

終了。

どんなことをするのか話をしてくれる人が

いたら、もっと面白く見れたかもしれないのになぁ と
ちょっと残念です。

エンターテイメント性は 神戸どうぶつ王国の方が上ですね。

 

王子動物園 冬でも暖かい

 

イグアナ

イグアナ

 

寒い冬には室内展示がいいですよね。

巨大カメやヘビが展示されている

「夜行性動物は虫類」エリアへ。

 

ヘビ

 

この建物の入口ではカメの甲羅を背負った感じに撮れる

記念撮影スポットがあって

小学校4年の娘も、嬉しそうに

幼稚園の息子を甲羅に乗せて撮ってほしいという

笑顔をしてました。

 

夜行性のサル

夜行性のサル

 

奥に進むと夜に活動する動物のエリア。

昼間は暗く、夜は明るくしているそうで

夜行性のサルが動いてました。

そしてその奥にはコウモリが。

 

カワイイコウモリ

カワイイコウモリ

 

怖いというイメージのコウモリですが

果物を食べる草食系のコウモリは

可愛い顔をしていました。

わざわざ光の当たる場所に来てくれたので

写真に撮れました。

 

その奥の蒸し暑いゾーンでは

カメは少しいましたが

この広さの割には、動物がほとんど見つけられませんでした。

小鳥の森でも、1羽しか小鳥が見つけられませんでした。

 

冬だからなのか、

神戸市の予算削減が動物園でも進んでいて動物の補充がないのか

娘は暖かい季節に来ても、動物が展示されていない場所があると

言ってました。

 

神戸パンダ

 

神戸パンダ

王子動物園といえば

パンダが有名ですよね。

2010年に1頭死んでしまったので

現在は旦旦(タンタン)の一頭だけで

ちょっと寂しい感じがしますが

やっぱりパンダは可愛くて存在感がありますね。

 

笹を食べるパンダ

笹を食べるパンダ

 

木の上でくつろいでいたり

降りてきて笹の葉を食べたり

愛らしい姿です。

 

 

動物が減ったといっても、東京ドーム2個弱の広さがある

王子動物園。

早足で見ても

11時頃に行って、4時まで見ても

全部見きれませんでした。

小学生の娘も、何回も行っていて、行く前は飽きたような

リアクションをしていましたが

見ているうちに楽しくなってくるんですね。