南京町食べ歩き 出店紹介

南京町の屋台風の出店を
西側(西安門)側から、東側(長安門)側まで
13店舗を順番に紹介します。
(ここで紹介している以外にも数軒出店があります)

店の数が多いので、見て回るだけでも、結構時間がかかるので
あらかじめ 何を食べたいか
何件か候補を決めてから食べに行きたいですね。

南京町食べ歩きの注意点

東紫縁

上海料理の店です。

肉まんなどが売られていますが
店内のおいしい料理とは対照的に
あまり人気がありません。

広州菜館

広州料理の店です。

ふかひれ麺 300円
豚まん 150円
チャーシュー麺、ジャージャー麺、担々麺 各300円
生ビール 300円


スポンサーリンク

飲茶 香港

水餃子 300円(5個入り)
上海小籠包 500円(6個入り)
フカヒレラーメン 300円

神戸コロッケ

神戸の有名な総合飲食業を営む ロック・フィールドの
神戸コロッケ店です。

ビーフコロッケ5個セット 787円
ビーフコロッケ1個  157円
紅ずわい蟹のクリームコロッケ1個 294円
神戸ポテトコロッケ1個  136円

朋榮(ほうえい)

割包(豚角煮バーガー) 400円
肉汁豚まん 300円
フカヒレ入り豚まん 250円
小籠包 300円(4個入り)
ゴマ団子 200円~1200円(小~特大)
春巻き 100円(1本)

吉祥吉(きしょうきち)

神戸牛を使ったどんぶりや、ラーメン、ステーキの
お店です。

神戸牛ラーメン 500円
神戸牛ステーキ 1000円
神戸牛ステーキ丼 1200円
神戸牛焼肉バーガー 700円
霜降りステーキ丼 2200円
神戸牛コロッケ 100円
神戸牛ちまき 300円

ここから南京町広場より東側になります。

堂記號(どうきごう)

角煮バーガー 400円
中華ちまき 300円
あげもち 200円
豚まん 200円

鮫麺屋

ラーメン専門店です。

ふかひれラーメン 300円
すがた煮ふかひれラーメン 500円
チャーシューラーメン 300円
ラーメン 250円
ぼっかけラーメン 400円
温玉ラーメン 300円

DAIDOKO(大同行・だいどうこう) ブラック豚まん

ブラック豚まん という 宮崎豚に、イカスミで
皮を黒く染めた豚まんです。

歯が黒くなる心配はありません。

元祖ブラック豚まん 1個 200円
ミニブラック豚まん 1個 100円(濃い味)

マンゴーイチゴ 350円

この店は店内でも 屋台価格で食べられるので
落ち着いて座って食事ができます。

笑龍

肉汁小籠包 300円(4個)
北京ダック 500円(1枚)
角煮入りちまき 250円(1個)
水餃子 300円(5個)

燕楽

ふかひれラーメン 400円
チャーハン 300円
水餃子 300円
かき氷
トンポーロ 400円
(上海名物皮付きトンポーロ 醤油だれがおいしい)

ラーメンの店

北京ダックラーメン 500円
担々麺 400円
ジャジャ麺 400円
蒸しエビ餃子 500円(5個)
フカヒレ麺 600円
トンボーロバーガー 350円

青龍

キムチラーメン 300円
チャーシュー麺 300円
マンゴージュース 300円
水餃子 300円

南京町 食べ歩き屋台・出店 営業時間

営業時間 
 早い店の開店時間 11時~
 遅い店の閉店時間 21時

 休日:不定期

 南京町では営業時間が店ごとに異なり
 繁盛日と閑散期で閉店時間が変わる可能性もあります。
 営業時間はあくまで目安として、余裕を持って
 食事をされてください。

 メニューの料金:2014年に取材時点の料金です。
 消費税8%への増税前の価格ですので
 消費税増税後の料金は変わる可能性があります。

出店で食べ物を購入した場合の注意事項ですが

基本的に立って食べることになります。

南京町広場に僅かに座るスペースがありますが
まず座れません。

小さなレジャーシートで、こじんまりと
広場で地面に座って食べるのが
一番いいかもしれません。

できれば歩きながら食べられる
肉まん系・コロッケ系が楽ですね。

また南京町にはゴミ箱がありません。
ゴミは購入した店でのみ 捨ててくれるので
店からあまり離れると、捨てに戻らないといけません。

たくさん食べ歩きしたい方は
ビニール袋を持っていって、ごみをいれておいて
持ち帰る方がいいかもしれませんね。

ここで紹介したお店の何軒かは、
出店専門店で、南京町の公式ホームページや
南京町に掲げられている地図にも
掲載されていない店があります。

南京町ランチ南京町の食べ歩き

南京町の中華街グルメランキング

春節祭 旧正月の祭り

ランターンフェア

南京町の地図

こちらをクリックして、南京町の地図を拡大表示