淡路島へ旅行する日に、運悪く台風が接近・直撃しそう。

そんな時に知りたい情報をまとめました。

淡路島 台風

明石海峡大橋 通行止めの予想

神戸・大阪方面から車や高速バスで行く場合、必ず通る明石海峡大橋。

この区間の高速道路が通行止めになると、淡路島へ行くことができません。

(通行止めになるぐらい強風なら船やフェリーは、それより前に運休しています)

kobe高速道路会社の強風予報

明石海峡大橋、鳴門海峡大橋、瀬戸大橋の天気と風の強さが分かります。

12時間先までの風の予報も分かります。

明石海峡大橋の天気マークをクリックすると、天気予報(雨・風)が分かりますよ。

旗が赤色(風速20メートル)になっていると走行が大変になります。

 

ただ、明石海峡大橋は2017年10月22日に超大型で非常に強い台風21号が接近していた

神戸市で戦後3番目に強い風速45メートルの瞬間最大風速が吹いた時でも通行止めにはなりませんでした。

最近通行止めになったのは2014年に約20年ぶりの大雪が積もった時のようで、台風では通行止めになりにく橋のようです。

 

鳴門海峡大橋

四国方面から来る場合に通る鳴門海峡大橋。

こちらは2017年8月、9月、10月の台風直撃時には長時間通行止めになりました。

10月の数十年ぶりに強い台風が接近したときは9時間通行止めでした。(深夜だったこともあるかもしれませんが)

広島・岡山方面から淡路島へ行く方は、明石海峡大橋を通るルートで行きましょう。

 

雨の日に楽しめるスポット

淡路島で雨の日に楽しめるスポットをまとめました。

kobe大鳴門橋記念館

kobeたこせんべいの里

kobe野島断層記念館

kobe吹き戻しの里

 

kobe大塚美術館

大塚美術館は、鳴門海峡大橋を渡るので、強風時には通行止めの可能性がありますが

ただの雨なら、おすすめ。

本物そっくりに、レプリカされた美術品は日本にいながらヨーロッパの美術館に行ったように楽しめます。

 

遠方から淡路島へ来た方なら、すぐ近くの神戸で雨の日に楽しめるスポットへ行くのもオススメです。

須磨水族園、カワサキワールド、umie(ショッピング&映画)、アンパンマンミュージアム神戸など