ニジゲンノモリにあるクレヨンしんちゃんのアトラクションを体験してきました。

ニジゲンノモリ クレヨンしんちゃん

入園してF駐車場から歩いていくと、途中にはクレヨンしんちゃんの銅像が数多くあり、

ARモーションやQRコードの取り込みでクレヨンしんちゃんのキャラクターを収集して楽しめるようになっているので、アトラクションのチケット売り場まで結構時間がかかりました。


スポンサーリンク

クレヨンしんちゃん 展示

クレヨンしんちゃん チケット

クレヨンしんちゃんのチケットは、アトラクション受付横のお土産ショップの中に券売機がありました。

クレヨンしんちゃん チケット売り場

4つのコースがあり、値段もそれぞれ違うので 行く前に決めておかないと迷いますね。

できれば体験者全員 同じコースにしましょう。

コースごとに空き状況が異なり、体験スタート時間が変わってくるかもしれないので、違うコースだと効率が悪いです。

 

購入するときに時間を指定しますが、指定した時間の15分前に受付なので余裕を持って時間を選びましょう。

なお近くにはレストランはなく、歩いて10分ほど離れているので、食事をする場合は1時間半以上 空けたほうがいいですね。

 

【童(わらし)コース】800円
地上高約1mと、とても低いので、幼稚園児の体験にお勧めです。
体験時間30分ほど。幼稚園児の場合、同伴の保護者は無料

【アッパレ!コース】1,800円
2018年オープンの新コース。地上高約3.5mで途中にボルダリングもある。移動距離は一番長いかも。

【足軽コース】2,500円
地上高約4.5m。コースの難易度は一番高いというスタッフの話も。

【侍大将コース】3,300円
地上高約8mの高難易度コースで、大人でもリタイアする人が出るぐらいスリルがあります。
ただ、運動が得意な小学生なら、低学年でも体験できますよ。

 

※各コースのチケット料金は、大人/子供 どちらも同じ値段です。

※スカートやヒール、サンダルなど体験不可の服装があります。運動が十分にできる格好で体験しましょう。

クレヨンしんちゃん アトラクション受付

指定された受付時間に行くとものすごい行列。

春休みは、フリーパスが発売されていて、なぜかフリーパスの体験時間受付列と、アトラクションの体験受付列が同じになっているので

25分ほどならびました。

ちなみにチャレンジ!アクション仮面飛行隊!(ジップライン)はすぐに受付できました。

今は誘導路も追加されて、もう少し並ぶ場所が分かりやすくなっているかもしれません。

 

クレヨンしんちゃん アトラクション体験談

中学生の娘、小学生の息子と3人で 侍大将コースを体験しました。

最初にハーネスを見につけます。スタッフがしっかり締め付けてくれるので安心です。

そして、アトラクションの前では、別のスタッフがハーネスの使い方と注意事項を案内します。

そこで1枚目の記念撮影ポイント。

記念撮影した写真は後で有料ダウンロードや有料で印刷できますよ


スポンサーリンク

ワイヤーにハーネスのフックをひっかけると、そこからは順番を入れ替わることができません。

最初にどの順番で行くか決めておきましょう。

私たちは一番小さな息子を真ん中にして進むことに。

 

3階まで一気に階段を上っていきます。

戦国時代という設定なので、武士たちのセリフが途中で聞こえてきます。

ニジゲンノモリ アトラクション 侍大将コース

そしていよいよスタート!!

ここでも注意事項の説明があります。

最初は板の橋で、真ん中が切れているだけの簡単な橋を渡ってスタート。

でも次がいきなり難しい。

両足をかろうじて乗せられる程度の小さな板が続いていて、中央部分が山になっています。

ここは、手で持つ紐は少しづつ下がっているので、大人の方が落ちそうになって、かなりスリル満点。

始まったとたんにリタイアする人もいるかも。

 

途中には、手でもつところがない、2本の永細い板を渡るところや、紐しかない足元が不安定なところを渡ったり

足元を見ないと渡れないところが多いので、高所恐怖症の人には怖すぎるでしょう。

高さが怖くなくても、運動不足だと普通に渡れずにリタイアすることになるかも。

 

途中で2か所 自動撮影機による記念撮影ポイントがあり、不安定な場所で数秒立ち止まっての撮影もちょっと怖いですね。

 

40分ほどの体験でした。

体験終了後は、ものすごく疲れました。

不安定な足場で足腰がかなり使ったこともあるかも。

 

でも、日ごろ味わえないスリルを体験できて楽しかったです。

次は足軽コースを体験してみたいです。