西脇ホタル 畑谷川

数万匹のホタルが見られるという西脇市畑谷川の蛍を鑑賞してきました。

ふるさとホタルまつり

中谷町ホタルまつり(ふるさとホタルまつり)

2016年からふるさとホタルまつりの開催はなくなりましたが

中畑町の公民館には、ふるさとホタルまつり(中畑町ホタルまつり)の テントと

ちょうちんが出ていて、祭りの雰囲気が少しだけしています。

 西脇ホタル 鑑賞スポット

西脇ホタルの鑑賞スポットは西脇市中畑町の公民館周辺数キロのエリアです。

日本へそ公園から車で15分ほどの場所にあります。


スポンサーリンク

西脇ホタル 駐車場

西脇駐車場 畑谷川 公民館

18時前に中畑町公民館に到着したのですが、すでに公民館前は満車でした。

(7台しか駐車できないので)

西脇ホタル 臨時駐車場

15分ほどしてから、奥の方の歩道や空き地へ誘導がありましたが

それでも駐車できる車の台数は合計で30台ほど。

 

中畑林間ファミリー園 駐車場

中畑林間ファミリー園 駐車場

畑谷川ホタル観賞ガイド(公式ホームページのpdfや公民館で無料配布)では

中畑林間ファミリー園にも駐車場があると記載されていていましたが

入口は夕方17時以降、夜間は閉鎖しているようです。

中畑林間ファミリー園に電話で問い合わせをしましたが

西脇市から夜間は入口を閉門するように指示がでているとのこと。

人も通れないほどがっちりとした門が閉まっています。

 

これではキャンプで泊まった人もホタルを見に行こうと思ったら

逆方向(遠回り)の林道を夜間通り抜けないと敷地の外に出られないですね。

 

畑谷川 路上駐車。駐車場前

結局多くの車が県道 西脇篠山線の路側帯の広い場所か

公民館近くに路上駐車していました。

ちなみに

周辺は景色もとても美しい大自然の環境です。

中畑町 田園風景

日曜日でしたので土曜日よりは多少車の数は少ないと思いますが

21時頃に帰る時点で道路に40~50台はあふれていました。

山に囲まれた場所ですし、普段は何もない場所なのでタイムズなどのコインパーキングも

周囲5キロ以内にはなく、期間限定で有料駐車場もやっておらず

また、車もほとんど走っていないので黙認されているのでしょう。

 

畑谷川 ホタル観賞地図

kobe畑谷川ホタル観賞ガイド地図(pdfファイル)

公式ホームページのPDF地図にリンクしています。

公民館でも無料配布していました。

 

兵庫県ホタル

公民館ではホタルの一生や中畑川で撮影されたホタルの写真が展示されていました。

ホタルを守るための募金箱もあるので、募金をしました。

 

きれいなトイレもあります。

 

最寄りのコンビニも徒歩1時間以上離れているので、必ずここでトイレに行きましょう。

 西脇ホタル 鑑賞スポット

ホタル観賞スポット

18時45分ごろに川へ行ったのですが

まだまだ明るいです。


スポンサーリンク

この日の西脇市の日の入りは19時15分頃。

 

人も20~30人ぐらいしか見えず、とてもガラガラです。

秋葉橋 公民館近くの橋

上の写真は公民館近くの秋葉橋です。

カメラマンが撮影の準備をしていました。

ちなみに最初はガラガラでしたが、次第に一眼レフカメラを持った人で

満杯になるほど混雑していました。

後から分かりましたが、橋の上の方が、川の上で飛んでいるホタルが間近で見えていいですね。

 

私は

西脇市観光協会の地図でホタル観賞スポット3の秋葉橋より少しだけ上流で橋が遠目に見える場所にいました。

兵庫県ホタル鑑賞スポット 混雑

19時を過ぎると人がだんだん増えてきました。

それでも2キロ以上あるホタル観賞コースに人が散らばると

ぜんぜん人が少ないです。

(上の写真は19時30分ごろ撮影)

 

この日は昼の最高気温は西脇市で23℃、神戸でも23℃

数日前は神戸では28℃だったので、この日はちょっと低め。

日暮れが近づくにつれて冷たい風も吹き、気温も下がって19℃ぐらい。

薄い長そで では寒かったです。

 

持ち物は厚めの長そでやカーディガンがあった方がいいですね。

 

19時40分ぐらいになっても、まだ薄明るく周囲が見えます。

 

ホタルは一匹も見えません。

関西ホタル

19時50分になってようやく最初の一匹目が光り始めました。

数匹の蛍が見えるようになったのは20時過ぎ。

西脇日の入り

上の写真は20時ごろ撮影。

やっと暗くなりました。

ただ、僅かな街灯が遠くにあるだけで、ほとんど真っ暗です。

(新月だったので月明かりがなく、普段よりも真っ暗に)

関西ホタル

ただ、蛍は気温が低いとあまり飛ばないようで

風も少しあったために、草むらで光るホタルが多く

公民館周辺はちょっといまいちでした。

 

結局20~30匹ぐらいしか見えず。

 

地元の方に聞くと、5月下旬はよく飛んでいたようですが

肌寒く感じるような日は、蛍も寒いので草むらで光るだけで

飛ばないとのこと。

兵庫県ホタル

少し上流の橋から対岸に渡るとホタルが10匹ほど目の前を飛んでくれました。

ただ、蛍の移動スピードはあなどれないですね。

ゲンジボタル 関西

人がいると思うと、すごいスピードで遠くへ逃げてしまいました。

結局撮影できるような距離まで近づいてくれる蛍は

全然動かず草むらでじっとしているホタルが数匹。

 

上の写真は、人が全くいない公民館から10分ほど上流に移動した場所で

橋の上でじっとしていたホタルをフラッシュ撮影。

 

フラッシュで何回も撮ると光らなくなるそうで

人がいるところで撮ると迷惑になるので注意しましょう。

この蛍は通行中の車のヘッドライトを当てられた後も光っていたので撮影。

 

ホタル観賞おすすめポイント

西脇ホタル観賞スポット

ホタル観賞ポイント4の一の瀬橋へ向かいました。

一の瀬橋 ホタル観賞スポット 兵庫県

(上の写真は明るい時間帯に撮影)

 

ただ、足元しか見えないぐらい真っ暗闇で500m以上歩くのはものすごく大変です。

戻ってくる人に当たらないようにゆっくりと歩いたので

結構時間がかかりました。

 

遊歩道がきれたところから、いったん県道に戻って

双葉小学校近くの入口へ。

ホタル たくさん飛んでいる場所

そこに来てみると、気温も少し暖かく感じられ風も収まっていたから だけではないぐらい

ものすごくたくさんの蛍が光っていました。

 

たぶん300匹以上は同時に見えるぐらい たくさんの蛍が飛んでいました。

高感度ミラーレスカメラで蛍を撮影

遊歩道の草むらにも何匹か隠れて光っているホタルがいたり

遊歩道を越えて田んぼまで飛んでいくホタルもいたり。

 

とても感動的なホタルのライトアップが楽しめました。

(上の写真はフラッシュなし。高感度で撮影)

 

ただ、やっぱりそれほど暖かくないためか

風のあたる土手までは飛ばず

川と草の上で飛んでいるので、安い一眼レフカメラでは

ほとんどホタルを写せませんでした。

(テクニックの問題もあると思いますが)

 

 

でも、普通に自分の目で見るには、とても満足できる

素晴らしい美しさ。

遊歩道を下流に歩いてもずっと たくさんの蛍が飛んでいました。

 

たぶん500匹以上はいたと思います。

 

(西脇市観光協会の蛍マップでホタルのマークが2個目までで)

 

単純にホタルマークのところに同じだけホタルが飛んでいれば

7000匹以上の蛍がいることになりますね。

 

たぶん暖かくて天候もよければ

1万匹以上見られると思います。

 

 

西脇ホタルスポットへのアクセス

西脇アクセス 電車・バス

西脇市駅から、西脇市コミュニティバス(おりひめバス)というバスが運行していて40分ほどで中畑公民館に到着できます。

ただし、平日のみの運行で1日5便のみ運行しているので17時45分発 1本しかちょうどいいバスがありません。

片道500円。土日祝日は運休

また帰りは日暮れ前が最終便なので、タクシーでしか帰れないです。(タクシーが呼んでくるのかは未確認です)

 

車でのアクセス

 

高速道路 中国自動車道 滝野社インターチェンジを降りて

北側へ国道175号線を北上。

片側2車線の走りやすい道路です。

10分ほど走り、西脇トンネルを抜けて、加古川という大きな川を越えて

2番目の信号を

官兵衛の湯の看板に向かって東へ曲がります。

 

JR加古川線を越えて道なりに走っていくと

ふるさとホタルまつりの看板が見えてくるので

そのまま進みましょう。

このあたりから、のどかな田園と途中で 中畑工場公園という

大きな工業団地を越えると、公民館が見えてきます。

ここまで高速道路を降りてから約20分です。